蚊取り犬小屋

ものっそ気ままに更新中w

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

長い一日

連れて帰ったときからアルは抱っこすると「プチプチ」と音をたてていました。
「鼻が詰まってるんかな」・・・それくらいに思っていました。

動画を撮った9月5日。クチバシが微妙に紫になっていることに気づき、水曜は休診日だったので1日待って6日に病院に連れて行きました。餌もよく食べるし、よく鳴くし、相変わらずの甘えん坊で、抱っこするとスヤスヤと寝る・・・若干遊ぶ時間が少ないかな、とは思っていましたけど・・・。
病院では、器官かどこかで炎症でも起こしてるのかもしれない、ということでビタミン剤と抗生剤、消炎剤をもらって帰りました。

元気そうだったので病院にも行ったし、少し安心してたのかもしれません。

今朝、仕事に行く前に餌をあげておこうと思ってフゴからアルを出すと、くちばしがドス青い・・・。
元気もなく、餌を食べてくれませんでした。
怖くなって、そのままフゴの中にカイロを入れこんで、会社に連れて行きました。

会社に着くと、餌は食べたがらないものの、フゴのフタをあけるとピョンと飛んで出てきて、抱っこをせがみました。チュッ、チュッ、という声は弱弱しいものの、クチバシも少しマシな色になったように思ったので、薬を飲ませて、餌を少し強制的にあげてみました。

フゴの中で退屈そうにこっちを見てました。

そして昼前、フゴのフタを開けるとまたクチバシの色が青くなってて・・・抱っこしたまま、お昼時間になりました。

首をひねって苦しそうに、ちょっと前に食べさせた粟を一粒ずつ吐きだしていました。苦しかったんかなぁ・・・かわいそうなことをしたみたいです・・・。

苦しそうにしながらも抱っこしてると上を見上げるように目を開けて私を見つめてました。
あれは何を訴えてたんだろう・・・「助けて・・・」といってたのか・・・「ありがとう」といってたのか・・・(飼い主の勝手な判断ですけど)・・・。

糞をしたので、ティッシュで拭こうとしたらティッシュがきれてて、タオルの上にアルを置いて、急いで取りに行って帰ってくると、足の力がなくなってたアルはヨタヨタして私を探していました。

「ごめんねー」と手を出すと、急にバタバタッ!!と飛ぼうとして暴れたかと思うと足がつったようになり、手の上に乗ると、そのままアルは動かなくなりました。

「アル?」・・・目をつぶったまま眠るように、アルは息をひきとりました。

7月末くらいが誕生日だったので、まだ1ヶ月ちょっとしか生きてなくて、まだ、お湯でふやかした粟しか食べたことがなくて、青梗菜も、豆苗も知らず、ブランコも水浴びもしたことがなく、他の文鳥達とトゥルルルッ!とかって喧嘩もすることなく、アルは天国にいってしまいました。

悲しくて、辛くて、息ができないくらいでした。
アルはもっとしんどかったんかな・・・。
ごめんね、アル・・・守ってあげられなくて・・・。
小さい体で、喋られないんやから、もっといろんなことに気づいてあげなきゃいけなかったのにね・・・。

今日はハクもマロンもピノもモコもおとなしいです・・・。
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

言葉も出ないが…涙は出た…
きっと、かとりんママの愛情をしっかり受け止めて
天国に飛び立ったんだと思うよ…
かとりんのところへ来たアルちゃんは何かメッセージを持ってたと思う。
ご冥福をお祈り致します…
そして、かとりんの悲しみが癒えますように…

NORI | URL | 2007-09-08(Sat)01:01 [編集]

ありがとう

短い間だったけど、アルと過ごせてすごく嬉しかったよ。
こんな甘えん坊な子はいなかったから、かわいくてかわいくて・・・。
今日の4時にアルを見送ることになってます。
見守ってくれてありがとうね・・・。

蚊取り犬 | URL | 2007-09-08(Sat)05:15 [編集]

そんな・・・私アルの写真お持ち帰りしたばかりなのに・・・
これからももっとかわいい姿を見せてくれると楽しみだったのに・・・
でもカトリンの悲しみはもっともっとだね
無事に天国へと逝ったと思います
アルのこと忘れません

ゆっき~ | URL | 2007-09-08(Sat)20:14 [編集]

驚きました

こんばんは。
お辛いときにBBSの書き込み、ありがとうございます。
アルちゃん、あまりに突然すぎて本当に驚きました。
私も何度も雛の命をお見送りしてきました。
大きく育ててあげたかった。。そんな思いでいっぱいになります。
きっと蚊取り犬さんも同じ思いをなさっているのでしょうね。
今はゆっくりお休み下さい。
元気になったらアルちゃんのためにまた前に進みましょうね。

かあちん | URL | 2007-09-08(Sat)23:16 [編集]

ありがとう・・・

>ゆっきー
 ありがとう。悲しくて仕方ないんやけど、忘れないでいることが供養になるんかな・・・。昨日、火葬して、小さな骨になってしまって、もぅ抱っこもできないんやけど、写真と一緒に部屋に置いてます。写真、持って帰ってくれてありがとうね。

>かあちんさん
 そうでしょうね・・・あれだけの数の文鳥さんと一緒だったら何回か経験されてることやろなぁ、と思ってました。
 そうですね、大きく育ててあげたかった・・・こんなに悲しいと思ってなかったです。子供の頃に何度かペットとお別れはしてるからもぅ少し冷静に対処できると思ってたのに・・・もぅ今はボロボロです。情けないですねぇ・・・。
 でもうちの残りの4羽のレンジャーも守ってあげないといけません、かあちんさんとこにもまた覗きに行かせてください、文鳥のことをもっと知らないと、いざというときにオロオロするばっかりですもんね・・・。

蚊取り犬 | URL | 2007-09-09(Sun)08:49 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。